ビットコイン以外の通貨はアルトコイン

世界に1000種類以上の仮想通貨が存在する中で、最も価値が高く人気があるビットコインですが、ビットコイン以外の通貨をアルトコイン(オルトコイン)と呼びます。
略すと、「その他の通貨」という意味です。
こんなにたくさんの種類がある中で、どれを選べばいいのか疑問ですよね。しかし、アルトコインが持つビットコインにはない特徴や現在までの価格変動などを知ることで、購入する目安になると思います。

アルトコインはなぜ作られたのか

アルトコインがなぜこんなにも種類が増えたのか疑問ですよね。
アルトコインが作られた理由は、ビットコインの上限発行数があらかじめ決まっていることや、採掘するのに電力がかかること、決済以外の機能を取り入れたいという、様々な理由から新たな仮想通貨を生み出そうというのが主な理由になります。
ビットコインの欠点や足りない部分を補うためなのですが、オープンソースで誰でも作ることができるので、価値が全くなかったり、悪用目的のために作られた詐欺コインも中には存在します。

アルトコインの優れている点

アルトコインの中でも特に人気が高い「イーサリアム」を例にあげてみますと、ビットコインの送金履歴だけを残しているのとは、違い「スマートコントラクト=契約の自動化」というプラットフォームを利用して、取引した契約の履歴も残すことができます。
また、セキュリティ面もより強固にしており、簡単に履歴が追えない仕様になっています。
このように、匿名性の高さや、送金だけではなく契約機能も搭載されているので人気が高くこれからの将来性に期待が高まっているといえます。

アルトコインの選び方

では、アルトコインを選ぶポイントですがまずは「取引量の多さ」です。
取引量というのは、人気が高いということです。取引量が多くなければ、購入したとしても実際に送金したりすることができません。
取引量の確認方法ですが時価総額ランキングで確認することができます。
ビットコインが1位をキープしていますが、2位からは「イーサリアム」「リップル」「ビットコインキャッシュ」の通貨が10位にはランクインしていますので、取引量が多いといえます。
また、専門家の中にはビットコインよりも今後、期待できるという見方もあります。

イーサリアムを簡単に説明しましたが、人気のあるアルトコインにもビットコインにはない様々な優れた特徴があります。
世界中のユーザー、企業も注目しています。

スポンサードリンク